夢 中 毒

(おしりを出しても一等賞には決してなれない。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うさぎ狩り


先週末、新潟の荒谷という村にうさぎ狩りにいった。

IMG_7890_20130219002116.jpg

先に言うと、うさぎは5羽も獲れた。

IMG_7889.jpg


猟師さんたちの心配をよそに、わたしは猟師さんに続いて深雪の急斜面を黙ってガシガシ歩いたし、うさぎが獲れてからは、両手に一匹ずつのうさぎを引きずって、猟師さんたちより前をズンズン進んで、新雪をかき分けて山を降りた。

うさぎは思ってた以上に大きくて重かったけど、うさぎ二匹も運べないようじゃ、きっとわたしはこのまま「女の子」を脱することができずに、猪を狩りに雪山の奥深くへなんて連れてってもらえないだろうと思った。
それに、なにより楽しくてうれしくて、パワーがみなぎって溢れ出しそうだった、叫びたいくらいだった。

わたしは、うさぎの舌と心臓が食べたいと繰り返し騒いで、優しい清一さんは、普段はわざわざ取り出すことなんてないらしい小指の先ほどのうさぎの舌を、既に硬直したうさぎの顎から一生懸命に取り出してくれた。

わたしはそれを誰にも気付かれないようにこっそり串に刺して、囲炉裏でそっと炙って、アッサリ食べた。
心臓と脾臓はさすがに独り占めしては申し訳ないと、豪快に串に刺して、堂々と囲炉裏で焼いて、やっぱりアッサリ食べた


猟師さんたちは「そんなに行きたけりゃどこにだって連れてってやるし、そんなに食べたけりゃなんだって食べさせてやるよ」ってう嬉しそうに言ってくれた。
他人を開放しつつも見守って温めてやれるような優しさと強さの源ななんなのか。

わたしには余裕がなくて、誰かがなにかで楽しそうだとすぐに羨ましくなっちゃって、それがしたいとか欲しいとかそういうんじゃなくて、わたしの楽しみはわたしだけのものでいてわたしだけにしか分からないものであってって思ってしまって。

そんな甘ったれなわたしを、温かく迎えて、優しく包んでくれるひとが、新潟にもいる。
それがどんなに幸せで豊かなことか。

  1. 2013/02/18(月) 21:07:59|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バランス


わたしにとって、働くということは『バランスをとる』ことだ。
わたしは昨年の春、コンビニ業界に就職を決めたけど、実はコンビニが苦手だったし、就職活動と並行して、狩猟の勉強をながら、頭を抱えてた。
「わたしは一体なにを仕事にしたいのだろう。」「どう生きたいのだろう。」って。
狩猟・採集な週末を過ごしていると、必ず遭遇するのが“意識の高いエコラー”で、田舎体験、農業体験、野菜の自家栽培、シェアファームなどなど、「体験」という都合のいい言葉を多用して都心部に住みながら中途半端な田舎暮らしを満喫しようとするヒトたち。そして、なにかにつけて「命の大切さ」「絆」「エコな生活」とかって呼びかけるヒト。
そのヒトたちの考えを否定するわけでは決してないけど、かれらの意見には賛同できなかった。
だって、わたしが狩猟を始めたのは、複雑な流通工程や製造工程に頼りすぎた食生活を、このまま送り続けることに不安を覚えたからと、単に食べるのが好きで好奇心に突き動かされたに他ならないのであって、「贅沢をしないことが正義で、真の豊かさだ!」なんてことは微塵も考えていないから。
ファミチキが無性に食べたくなることもあれば、狩った肉の処理が面倒なことだって多分にある。
実際、知り合いの猟師のおじいさんたちは狩猟中、山の中で獲物を待つ間、コンビニのおにぎりを食べるのが常であって、「身の丈に合った生活をしよう。」なんて複雑なことは誰ひとり考えちゃいなくて。
都心部に住みながら田舎暮らしを愉しむ経済的・精神的余裕と、ズル賢さがあるヒトはいいとして、日々の労働や生活に追われて、食事や余暇を愉しむこともできずにコンビニ食や冷凍食品に頼り切った食生活をしている人々が日本人のどれほどを占めているのか。
ベランダのプランターでラディッシュを育てて農業を経験した気になっている富裕層ネットワークと、1円でも安く1分でも早く食事を済ませようとする貧困層ネットワークとでは、大きな格差があって、そのネットワークが交わることはまずなさそうで。
わたしは欲深い人間で、どちらのネットワークにも片足を突っ込んで、どちらの魅力も言い分も理解できる存在でありたい。
自分で獲った鹿の肉を焼きながら、コンビニのおにぎりを頬張る生活がしたいし、むしろそんな生活こそが、今の日本社会においてより自然で豊かな生活だと信じてる。
わたしが、コンビニを初めて入社する企業に選んだ理由は、日本人に限らず世界中の現代人の多くが利用しているコンビニの魅力と仕組みを知ることは、きっと今の偏ったわたしのバランスを整えてくれると思ったし、「コンビニ」の新たな価値を創造することがもしできたら、日本人の隔離された各ネットワークの掛け橋となりえるかもしれないなぁっていう、本当に単純で、これまた偏った考えなのかも。
  1. 2013/01/27(日) 01:44:59|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Medousa

Medousa color2

謹んで、新春のお慶びを申し上げます。
旧年中も皆様には大変お世話になり、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。
本年はわたしにとって、社会人としての一歩を踏み出す大切な年でもあります。
今のわたしを包み、支えてくださっている皆様のように、わたしも 5年後、10年後、20年後…多角形で情に満ち溢れた大人になれるよう、今を楽しく精一杯に過ごそうと決意しております。
まだまだ未熟なわたしではありますが、本年もご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
皆様にとっても幸多き一年になりますよう心からお祈り申し上げます。

2013年 元日


  1. 2013/01/01(火) 01:27:47|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クッキー 第二弾!


黒・プレーンとご覧の6色 合計8色のクッキー生地を準備して…

009.jpg

上から…ぶどう・おさかなさん・三角マンと黒ねこ!

010.jpg

だんだん完成度が高くなってきたでしょ、発色もきれいだしーーー!!

そんでもって…昨夜、完成したベーコンをパンチェッタ代わりに使って、贅沢ポトフ作ったよ!!!
んんんんんまい!!!

写真

みんなに食べさせてあげたいよーーー!本当においしい!!!!


そんでもってそんでもって…!
パルミジャーノがないから、ママスタから頂いたチェダーとブリ―・特製ベーコンでカルボナーラ作ったんだけど、これ美味しいよとっても!!

ああ~ こんな風にひとつひとつの食材に思い入れを持って生活したいナァ。

  1. 2012/10/29(月) 00:06:41|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベーコン完成試食会


計15kg ハムとベーコンがついに完成したーーーーーー!!うひょ

044.jpg

ジブリみたい!(空賊やらなんやらが貪り食べるやつ)

楽しくてかわいくてギラギラでもうなんかよく分からないテンションに…

045.jpg

マジシャン中谷(ちゃららららら~ん)

この夜、燻製の間に中谷さんと作って食べた夜ごはん
・ブリ―チーズのコンキリエ
・ジャガイモとキャベツのアンチョビガーリックオイルがけ
・日本蜂蜜
・スティルトン(ブルー)とケッパー入り白カビチーズ
・ドライフルーツとナッツのぎゅうぎゅうパン
・長野産 無花果でつくった白ワインコンポート
・ハーゲンダッツ バニラアイス
・ブラック珈琲

保存食だらけのご馳走パラダイス、大変たのしくおいしい夜でした。
中谷さんには、いつも本当に感謝してます。



(あんなに食べたのに、帰ってきてからベーコンエッグ丼つくって食べちゃった!)

  1. 2012/10/27(土) 00:30:40|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。