夢 中 毒

(おしりを出しても一等賞には決してなれない。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狩りガールブームにおもうこと。


わたしにとっての、二度目の猟期がやってきた。


最近、狩猟の話をちょこっとすると「え、狩りガールなんですか!?バーンとか?撃てるの!?」と、言われることが多くなってきた。

「おー!狩りガールめっちゃ浸透してますよ!石崎さんすげーい!」と、石崎さんには敬意を払いつつ、実はとっても複雑なきもち。


狩猟=銃になりがちだけど、狩猟免許には大きくわけて『銃』『網』『罠』と3種類(ちゃんと分けると銃も火薬を使うかどうかで2つに分類されるので計4種類)あって、わたしは『罠』と『網』の免許しか持っていないのです。
そして、銃の狩猟免許を持っていたとしても、銃の所持許可を取るためにはそれはそれは気が遠くなるような複雑で面倒な手続きが待っていて、所持許可がおりるには1年かかることも少なくありません。
しかも、家族や上司や隣人に警察から電話がいったり、家の様子を見に来られたり報告させられたり…山登りを始めるように簡単にはいかないのです。

しかし、ラッキーなことに狩猟免許をとること自体はそんなに難しいことではありません。
車の免許みたいな…筆記と実技のテストをふつうにこなせば、誰でもそれなりに取得できます。ただ、狩猟ブームにのっかって狩猟免許を取得したとしても、東京都民のわたしたちには大きな壁が立ちはだかっているのです。

それは、猟場問題。
どのタイプの狩猟免許を取得したにしろ、猟場がなければもちろん狩るどころかアクションすら起こせないのです。

わたしは、狩猟免許をとった1年前の冬、狩猟をするには「体力」「仲間」「猟場」この3つが欠かせないことを学びました。
そして、逆に言えば、その3つさえ揃っていれば、東京都在住のわたしでも猟ができるかもしれないと、ときめきもしました。

そこで、はず最初に始めたのはハンターをハントすること。そう、「仲間」を見つけることです。


銃猟の方法にはいくつか種類がありますが、山が多い本州でポピュラーなのは「巻狩り」とい方法。

<巻狩りを簡単に説明すると…>

獲物の寝床(前日や当日の朝に山を見回りして、獣道や足跡などをたよりに獲物が山のどのあたりにいるかをチェックしておきます!)を囲むように射手を配置…射手はひたすら待つ。
勢子と犬が獲物を追い、寝床の外側(射手の方)まで獲物を逃げさせて、射手が仕留める…という方法です!

ある日の巻狩りフォーメーション in 檜原村

スキャン 2

射手がいるポイント
猟犬を離すポイント
基地・集合ポイント
※ 点線はわたしが移動した道筋

つまり、巻狩りにはチームプレーがとっても大切で、山の地形や獲物の習性などを理解していないと、なにもできないどころかただの邪魔者になります。(ちなみにわたしはまだ邪魔者のレベル…だって地形を意識しながら山を歩くだけで一苦労なんだってば。)


ハンターをハントすべく、友人の知り合い、知り合いの親戚、知り合いの知り合いの知り合い…なんて風に、新潟・山梨・長野・奥多摩…たくさんの猟師さんに出会うことに成功しました。
しかし、猟師さんの中には「女を山に連れていくもんではない。」と言う方もいます。
最初はわたしも「狩猟は男の世界だ!」っと言われているようでショックでしたが、よくよく聞いてみるとそれだけではないようで…

1)ノーメイクノーシャンプー!
シャンプーや化粧の匂いは獲物を逃がすどころか、猟犬の鼻を効かなくさせてしまうことも。
果敢で頼もしく賢い猟犬は、猟にはなくてはならない存在…だからこそ、シビアにもなってしまうのです。

2)ハードワイルドデンジャラス!
崖のような急斜面を歩くのは、ベテラン猟師さんでもとっても気を遣います。
そんな山道を、重い荷物を持って、獲物に注意しながら、仲間や猟犬と連携をとりつつ「静かに」移動しなければなりません。
ナイフや銃を扱うことはもちろん、身の危険を感じた獲物はとても危険で、猟犬に怪我を負わすことも少なくないのです。
しかも、獲物が獲れたらとれたで、60〜100キロ以上もある獲物を山から下ろさなければならないのです。

狩猟の楽しさを知っているベテラン猟師さんは、山や野生動物の怖さも知り尽くしているのです。そのことを知ってから「山に女なんて連れていけるか!」っという言葉も「あんな危険な場所に女の子なんか連れていけないよ!なにかあったらどうするんだ!」と、優しい言葉に聞こえるようになりました。

そこで、わたしには山に入る上で決めていることがあります。

1)化粧をせず、お風呂(特にシャンプー)は8時間前に済ませる。
2)初心者は初心者らしく行動し、勝手な行動はゼッタイにしない!
3)「重たい」「疲れた」など弱音は禁句!どんなときも笑顔を絶やさず、真摯に行動する。
4)しかし女は女…できないことは「できない」とハッキリ伝えて助けを求める。

それと、もうひとつ。イチバン大切なこと。
★)どんなことが楽しくて、どんな風にワクワクしたかをキチンと伝えて、感謝する。

50〜75歳ほどのベテラン猟師さんたちにとって、狩猟はもはや日常。
そんな日常にひょっこり飛び込んできた都会育ちの小娘(しかも変わり者)が考えてることなんて、まったくの未知だと思うから。未知こそが不安のはじまりだから。
だから、「こんなことしてみたい!」「あんなモノ食べたい!」「おいしい!」「たのしい!」ってシッカリすぎるくらい伝える。そして、わたしなりの表現でいいから、ちゃんと感謝する。

感謝は「ありがとう」の言葉だけじゃ足りなくて、「お中元」になったり「絵ハガキ」になったりする。
お中元には「冬はありがとう!夏だけど、みんなのことちゃんと覚えてるよー!次の冬もよろしくねー!」って想いがつまってる。絵はがきには「感想」をカタチにする大切な役目がある。


そうやってイロイロしながらここまできたけど、ベテラン猟師さんから言わせれば、まだまだ「体験入学」レベル…「狩りをする」という表現すら身の丈に合っていない気がするし、「狩りガール」なんてキャッチーさともほど遠い。

だって、息をのむような残酷な場面に遭遇したり、崖から滑り落ちて内心死ぬかと思ったり、持ち帰った狩猟肉に家族から批判を浴びたり…都心実家暮らしのハンター見習いには山あり谷ありなのです。


最近の狩猟ブーム。

火付け役の方にお世話になって今のわたしがある。
猟師さんの高齢化を目の当たりにして、この素晴らしい文化や情熱を絶やさないために、若いヒトにもっと参入してほしいって気持ちが今まで以上に強くなってきた。
有害鳥獣駆除のことを考えても、若者の参加はやっぱり必要不可欠だとおもう。

だけどね、たくさんのヒトの理解と、動物の命をいただくことで成り立っている文化なんだってこと、忘れないでほしい。

わたしが仲間に入れてもらってる桧原村の猟師さんたちは、どんな険しい山の谷底に獲物が落ちようと、何時間もかけて山から引きずり出して、何時間もかけて解体して、肉はもちろん内臓まできれいに処理をして、食べる。
獲物の心臓の先はほんの少し切り取って、十字に切り込みを入れて木の枝に刺し、山の神様にお供えする。
毎回行われる宴(獲れなかったときは反省会)では、神棚に日本酒をお供えして、解散のときにはそのお酒を「お下がり」としてみんなで一口ずつ口をつけて、感謝と供養をする。


わたしがまだ銃の免許取得に踏み切っていないのは、都心に住んでいるからこそ慎重にならなければならない一線があると思っているから。
見知らぬ小娘が銃を持って山をウロウロすることに、里山のひとたちはどう思うだろう?
まずは、猟場での信頼関係を気付くこと。山や野生動物を知ること。自然の厳しさに慣れること。

これが、わたしにとって必要なステップ。


檜原村の猟師さんたちは、「若い猟師がひとりでも増えれば…」それだけの想いで、よそ者のわたしたちを日常的に暖かく迎えてくれる。
そんな猟友会、わたしは今まで見たことがなかったし、きっと少ない。

だからこそ、そんなご厚意をムダにしないためにも、きちんと理解してほしい。
マナーや決まり、自然の厳しさを理解した上で狩猟をはじめてほしい。


猟師を増やすために奮闘してるひとたちがいる。
だからわたしは、「狩猟」「狩猟肉」を正しく理解してもらうための何かをしていきたいです。

イノシシ のコピー

2014.1.13 イノシシ ♂


猟期が終わったら、狩猟肉をつかったスペシャルパーティーがしたい。

部位によっていろんな調理法を試して、大好きなワインも料理に合わせてチョイスして、集まった友人に今期の学びをシェアする場をもうけたい。


そして、ひとりでも多くのヒトが、狩猟や狩猟肉を正しく理解して、それぞれの自由な感想を大切にしてくれることを祈っているのです。

  1. 2014/01/15(水) 02:55:52|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なにを隠そう会社を辞めました。


なにを隠そう会社を辞めました。

「え、はや!」って声があちこちから聞こえてきそうですが、応援してくださっていた方々には、一年足らずでこのような決断をしたこと、大変申し訳なく思っております。


善悪を判断しようと潜入したつもりが、当事者となって内側から見えるものに、カンタンに批判できるものなんてなにひとつありませんでした。

こうやって社会が成り立っていて、みんなが必死で生きていて、わたしはその中のカケラでしかないんだと思い知りました。

正義も悪もなくて、みんながみんな、それぞれがおもう最善を模索して生きています。
その積み重ねの結果が今日であり、これからなんだと信じることができました。

でもだからこそ、わたしも自分がおもう最善を信じて猛進していきたいと思います。


なんの役にも立てませんでしたが、入社させてもらえてよかったです。

前職でお世話になった方々には、いつか「なるほどな。」と思って頂けるよう頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。


今までかき集めてきた小さなポロポロ(興味や経験)が少しずつまとまって「やりたいこと」になって、それがだんだん「やれそうなこと」としてカタチになってきている気がします。

しかし、知識も経験も人脈もなにもかもが足りない中途半端な状況です。


わたしが飛びつきそうな美味しい話,ワイルドでセクシーなワクワク情報ございましたら、なんでもどしどしお声掛けくださいませ。

長濱史上最軽のフットワークで臨みます!笑



しばらく、やりたいことと、やらせてもらえることを、可能な限り同時進行していきたいと思っています!

メリハリつけてがんばります!おー!


みなさん、こんな風来坊ではございますが、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。ぺこり

  1. 2013/12/12(木) 13:15:13|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私はずっと、コンビニは必要悪だとおもってた。


5日前、会社を辞める決意をした。

入社して半年弱。「もう少し」「あと少し」はもうやめた。


私はずっと、コンビニは必要悪だとおもってた。

入社するまで、冷凍食品はもちろん、コンビニのごはんを食べることもなんてほとんどなかった。
食べたいと思うことも、食べる必要性を感じることもなかった。


わたしの人生では「おいしい!」が最重要項目だった。

空間デザイナーの食い道楽な父に連れられて、今思えば、幼い頃から相当な贅沢をしてきた。
ワインに興味を持ってからは、美味しいワイン・美味しい料理の味と知識を吸収できる場を自ら選んできたし、さらなる興味と感動を求め続けてきた。
今でも、歳相応・収入相応ではない贅沢な食生活をしている自覚がある。

「おいしい!」の幸福感は、どんなときでもわたしを包んで、たくさんの出会いに誘導してくれたから。


多くのひとが、こんなに愛しい食べものたちに気付けないのは、コンビニのせいだと心の底でおもってた。
この「ハッ!」とする生物の鮮明さと感動を、子どもたちが感じにくくなってしまったのは、コンビニという必要悪が、食文化を通り越して生活スタイルに与えた影響のせいだと。

コンビニで食事を済ませるヒトは、仕方なく、腹を満たすための手段として、コンビニ食を選ばざるおえない状況にあるのだと信じていたし、もしくは、限られた選択肢の中で、食べものに対する感覚が麻痺してしまっているんだと疑わなかった。

だからこそ、そんな「不幸せな」人たちに「幸せ」を与えるために、敵を知ることこそが近道と、自ら入社を望んだわけだけど。
そんな考えはわたしのエゴだったようにおもう。


工場見学で、ベルトコンベアで焼かれる大量の「肉切れ」を見たとき、正直わたしは「こんなの食べ物じゃない」とおもった。
だけど、ある同期は「あんなの見ちゃったから腹が減った」と言った。

わたしは動物を絞めるとき、目的(食)と結果(死)が重なり合った瞬間に、「動物」が「食べもの」に見える。食欲が沸く。
一方で母は、レストランでメイン料理として出てきた鳩でさえ、具体的な部位(手羽先や毛穴など)で生きた姿を想像できてしまった瞬間に、「食べもの」が「動物」に見えて食欲が失せてしまう。


「食べられるもの」と「食べもの」が切り替わるタイミングは、人それぞれだ。
その相違に、優劣も善悪も存在しないし、してはいけない。
なのに、わたしはその相違を、完全に区別をていたし、そんなひとたちを「鈍い」と、心のどこかで哀れに感じていた。



仕事帰り、コンビニで買うデザートはプチ贅沢かもしれない。
コンビニ惣菜をあてにひとりで呑むビールは、一日の仕事の疲れを忘れる至福の時間かもしれない。

もしも、何か他のことをしながら、流れ作業のようにコンビニ食を食べていたとしても、ゲームや服、ボールや仕事の前では、わたしが美味しいごはんを目の前にしたときと同じように、ワクワクやキラキラを放っているかもしれない。
そこにはなんの格差もない。

わたしが「おいしい!」を最優先するためになにかを後回しにするのと同じように、人には人の優先順位があって、それは人生のタイミングで変わりゆくもので、なにかを優先させるための手助けをコンビニが担っているのだとしたら、コンビニは必要悪ではなく、純粋な社会インフラではないのか。
食事に対するマナーや感謝の欠如は、まさに鶏が先か卵が先かの水掛け論なのではないのか。

いろんな価値観を理解するつもりで入社を選んだけど、そもそもその根底には自分を中心とした価値観があって、相違を受け入れられずに穿った見方をしていた事実を、まず認めよう。



ただ、ひとつだけ変わらないこと・変われないことがある。

それは、わたしという個人が、今の会社(コンビニ)に魅力を感じないということ。


半年も一生懸命に向き合えば、コンビニ業界の魅力とやらが分からないなりに見えてくると思ってた。
だけど、見えてきたのは上記の反省と、気付きだけだった。

いつの間にか弟妹のように見える高校生スタッフが、できるだけコンビニで食事をしないようにと心で願ってしまうこと。
毎日何度もコンビニに来ては、パスタやお弁当を買って行く小学生を見るたびに、言葉では表現しきれない空しさと情けなさに、心が侵食されてしまうこと。
コンビニで取り扱う各季節のギフトを、お世話になった方や肉親に贈ったり、友人にお勧めする気には、どうしてもどうしてもなれないこと。

それは、工場の製造工程や流通、商品自体に問題や悪影響を感じているからだけでなく、もっと感情的な理屈ではないなにかがどうしてもそう思わせること。



ああ、わたしはここにいるべきではない。

こんな風に、自分の感情や価値観を断ち切れないまま、心のどこかでお客様に哀れみを感じながらこの業界に携わるのは、消費者だけじゃなく、会社に関わるすべてのヒトに失礼極まりないと思った。

そして、わたし自身の発展のためにも、こんな「苦痛」を抱えたまま、時間や労働をお金に替えるのは違うと、そうハッキリ確信・決意したのが5日前。
上司に「あなた、目が死んでいるよ」と言われたあの日でした。


  1. 2013/11/03(日) 01:13:43|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬がたのしみ。


狩猟の世界はむずかしい。

目的がみんな違くて、殺生して感じることもみんな違くて、周りの目も違う。
わたしが狩猟の話をすると「え、動物ブッ殺すの?!」とか言うヒトがいる。品性に欠けてる上に脳みそや心まで乏しいニンゲンなんだと哀れにおもう。
罪のない動物をブッ殺す意味が分からない。
ブッ殺すには、憎しみや狂喜をかんじる。ブッ殺すって、ニンゲンにしかできないような気がする。猫は鳥をブッ殺さないし、ライオンもシマウマをブッ殺さない。

動物を殺生するとき、不思議だけど、愛しさしかない。
可愛くて可愛くて仕方ない。
だから、一生懸命に視るし、一生懸命に触るし、一生懸命に食べる。

冬がたのしみ。
  1. 2013/05/09(木) 00:02:39|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うさぎは、雪の上で腹かきをした。


うさぎは、雪の上で腹かきをした。

rabbit (2)

殺生をしたことがないヒトが、この絵をどう感じるのかは今のわたしにはわからない。
だけど、その経験があるひとならきっと、この「鮮明さ」に共感してくれるはずだと、そんな想いで描いた。

表現したかったのは、死んだばかりの動物独特の身体の柔らかさ(硬直してないけど意志がないかんじ)と、内臓の生さと温さ。
胃はパンパンで、大腸には出されるはずだったうんちが並んでて、だけどもうなにも機能してない。
生はないのに、死にいなくて、そもそも内臓出てるし生きてるわけもないくて、むしろ限りなく死に近いのに、力に満ち溢れていて、その不思議な挟間を描きたかった。

うさぎを初めて狩って、解体して、自分の中で「動物は食べておいしいかそうじゃないか」という明確な基準ができた。

鹿も鶏もかわいいけど、生活に身近じゃない分でどこか客観的な冷静さで見れてて、「鹿は狩るもの、うさぎは飼うもの」的な感覚がどこかにあったのかもしれないと今更ながら気付いたりもして。
「鹿はかわいいから食べれないけど、豚と牛は食べるためものじゃん!」と、言ってのける人たちと根本はなにも変わらなかったかもしれないとも考えた。

「どうぶつが解体できるなら、愛猫や愛犬も解体できるの!?」とか胸糞悪い質問をするヒトたちに対して、反論したいけどどこかしきれない自分がいたのも事実で。
うさぎの顔の皮を剝ぎとりながら、血で黒く膨らんだ目の周りをギコギコしたりしながら、「はて、わたしはなにをやってるのだ?」っと、ふっと我に返ったりもして、家で寝てるであろう愛猫の存在を思い出したりもしたんだ、実は。

だけど、「そりゃそうだろ、そりゃ可哀そうにも思って当然だろ。ウチにはかわいい愛犬二匹と愛猫が一匹と、蛇が二匹もいるんだから。そりゃうさぎを撃って解体しといて、なんも思わないはずないだろ!」ってツッコミ入れたりもして、精肉に集中した、なんも考えてない顔して。

うさぎはすごくかわいかった。

散弾銃で撃たれて、もう耳も片方なくて、内臓もほとんど出ちゃってるのに、回収しにいったわたしを見てまだ走って、力尽きあたら「フゥフゥ」って息しながら雪にうづくまっちゃったんだ。
「どうしてこんなことしちゃうんだろう。」って思ったし、毛はふわふわだし、目も耳も全部がかわいくて、自分たちで撃ったくせに「生き返って!」ってお願いしたくもなった。

だけど、食べておいしいから獲るんだ。

「わざわざそんなことしなくても、かわいい命を奪わなくても、スーパーにいくらでもお肉が並んでるじゃない。」って言われたけど、そんなの、それこそ勝手な妄想なんじゃいのかな。
みんながスーパーでいくらでもお肉を買うために、遠い国の遠いヒトが鶏を肉として生産してて、日本の牛が歩けなくなるまで太らされてて、それで「かわいそう」とか「かわいいから」とかキレイごと並べるなっておもう。

豚も牛も鶏もみんなかわいいし、触れ合えば触れ合えるほどみんな愛しくて、だけど、おいしいから食べるんでしょう?
そこに可愛さはいらなくて、むしろ邪魔で、だから育ててまで売るんでしょう?

わたしは、ブラジル産の鶏で親子丼作ることだってあるし、霜降りの牛肉だって美味しくて大好きだし、ラムだって鴨だってかわいいけど美味しくて大好きだけど、そのために、おいしく食べるための努力とか、おいしく調理するための知識・技術習得は惜しみたくない。
おいしくするために太らせるとか、安くするために大量生産するとか、わたしたちが自分たちの私利私欲のために望んで、自分たちの手を汚さずに、目の前にいない誰かに依託してるんだって認めてほしい。

それは、わたしが銃や罠でうさぎや鹿を捕まえて食べることとなにも変わらないし、むしろ、動物との関係は対等じゃないだけ製造ラインにのっかった動物たちのほうがよっぽど理不尽な環境にいるはずだから。
だから、言い訳しないでほしい。
ちゃんと向き合って、ちゃんと大切にしてあげてほしいし、ちゃんと、他人事じゃなくて、わたしたち自身がした選択なんだって理解した上で、あり得ないくらい安い鶏肉や、口に入れた瞬間に溶ける牛肉を選んで、食べてほしい。

誰のせいにもしないで、正当化しないでって、言いたい。

  1. 2013/02/18(月) 21:57:23|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。