夢 中 毒

(おしりを出しても一等賞には決してなれない。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

命を区切って分担するからお肉が食べられる。


わたしが獲って食べた野生動物にも、生まれて育った過程がある。

だけど、その動物の生まれたばかりの姿を、わたしは知らない。

「お肉を食べるからには、命を落とす行程も知るべきだ。」

だったら、その命が生まれる瞬間も知るべきではないのか…そんな葛藤が生まれていたときのことだ。

島根県 隠岐島の海士町(町がつくけど離島)に遊びに行ってきた。

隠岐島では、隠岐牛という和牛が有名で、海士町でもいたるところで牛が放牧されていた。

荷台に牧草を積んだ軽トラをヒッチハイクして、半ば強引に放牧地と牛舎に連れて行ってもらう。

わたしを拾ってくれたのは、もともとは酪農家になるのが夢だったという36歳の男性。

大阪から海士町に移住してきて8年、最初は二匹の母牛を買うことから始まった牛飼い生活だという。

角も小さく、まだまだあどけない顔をした牛たちは、牧草ロール(冬なので放牧地の牧草だけでは足りない)の薫りに誘われて、のしのしと山を登ってくる。

隠岐牛

隠岐牛が見れたと大喜びな私だったけど、実はどの牛も隠岐牛ではないことを知る。

私が見ていたのは、繁殖農家さんが飼育している和牛で、母牛と子牛のみ。母牛は一年に一頭ペースで出産し、子牛は一歳になる前に競りに出される。

繁殖農家さんの仕事は、母牛が一年サイクルで妊娠・出産する環境を整えることと、健康な内臓と骨格をもつ子牛を育てること。

そのためには、競りに出す子牛だけでなく、母牛の健康状態をキープし続けることが大切で、自然の中でのびのびとさせつつ、個体に合わせた種付けも行わなければならない。

繁殖農家さんの牛は、各地の肥育農家さんに競り落されて、そこから育てられた(太らされた)のちに、生きたまま出荷される。

屠殺されるのは出荷先であることがほとんどで、肥育農家さんも屠殺に関わることはほとんどない。

一匹の牛が、生まれて、育って、肉になるまでを、区切って、役割分担する。

生産者は、その子がいつか肉になり、食べられることをわかっていながら、ひとつひとつの命と向き合わなければならない。

わたしが話したどの牧場経営者も、自分が育てた動物を屠殺場へ送り出すときは、どうしようもない罪悪感に襲われ、涙が出るという。

決して長くはない生涯だからこそ、自分の牧場にいる間は少しでも幸せでいてほしいと、毎日神棚に手を合わせるのだと話してくれたのは、埼玉のダチョウ牧場長さんだった。

なぜ分担するのか。

そこには、命を区切らなければ乗り越えられない葛藤があるからかもしれない。

私たちが、生産工程を知らずにお肉を食べられるのは、「区切る」という配慮があるからだ。

その配慮を、大切にしていくことも、食肉文化を繋ぐためには必要だと思う。

知らないことは時に罪だけど、すべてを知れる気になるのもまた、人間のエゴにすぎないのだから。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/11(火) 21:23:31|
  2. blog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あなたはきっと春イノシシの美味しさを知らない。 | ホーム | 友人が、可愛がっていた烏骨鶏を食べた。>>

コメント

小堀正展さま

こんにちは。
ブログにコメントを残しにきてくださり、嬉しい気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

私はまだ無知未熟で、なににおいても経験が足りないもので、自分が動いて見て聞いたことのみをできるだけそのまま文章にできるよう、心がけております。

「出荷時に罪悪感がないことに眉をひそめるかもしれない。」とありましたが、むしろ、お仕事に対する小堀さんの覚悟や誇りを感じることができました。
「命を区切って役割分担する」とあえて表現したのも、美談ではなく、産業・仕事として成り立っている事実を意識したつもりです。

小堀正展牧場のホームページ、拝見させて頂きました。
こちらこそ、是非一度、お話を伺わせてください。

小堀さんのように「当事者」として動物と向き合っている方からコメントを頂けて、とても嬉しいです。
今後ともよろしくお願い致します。

長濱世奈
  1. 2014/03/13(木) 12:41:16 |
  2. URL |
  3. 長濱世奈 #dT.NA7jM
  4. [ 編集 ]

ハフィントンポストで記事拝見いたしました。

ハフィントンポストにて記事拝見いたしました。
群馬県で肉牛を育てております、小堀正展ともうします。
海士町まで取材に行かれたの凄いですね!
記事の中で出荷の時にどうしょうもない罪悪感を感じて涙が出る、という記述があり、生産者の数だけ考え方や感性があるなぁと思いました。

俺は全く罪悪感はありませんし、涙を流したことは、今まで何万頭も出荷して来ましたが一度もありません。
お話としては俺の話だと消費者の皆様にも、同業の畜産に携わる人も眉を顰めるかもしれません。
一生懸命育てた牛と涙の別れ、罪悪感に苛まれながらも生活のためにそれでも牛と向き合う、という方が美しいと思いますが、そうじゃない生産者もいます。
命を区切って役割分担する、ということを言ってくださる方もまだまだ少ないのが現状です。
我々生産者の中でも、肉牛を育てる人間が最も消費者の皆様のそばにいることは疑うべくもありません。
我々肉牛生産者がどんな想いで日々の管理や出荷に取り組んでいるか、1度お話しさせていただくチャンスがあったらいいなぁって思います。

長文乱筆申し訳ございません。
季節の変わり目です、体調崩されませんようにご自愛くださいませ。

小堀正展牧場
小堀正展
  1. 2014/03/12(水) 19:39:53 |
  2. URL |
  3. 小堀正展 #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yumjam.blog91.fc2.com/tb.php/538-f94a24ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。